地元で評判の看護師転職サイト



パート看護師はママさんナースが多い理由

pixta_9747743_S.jpg
看護師の仕事はとてもやりがいがありますから、結婚をしても仕事を続けたいという方が多いですね。

勉強して取った資格を生かしたいという気持ちもあるでしょうし、給与面もいいですから、結婚して看護師やめてしまうのはもったいないですよね。

でも子供が生まれると、事情が変わってきます。

旦那さんや親の理解や協力がないと、子育てをしながら常勤看護師の仕事をするのは難しいでしょう。

とくに残業や夜勤の多い職場では、子供と接する時間も減ってしまうし、家事や自分の時間もなく、心身ともに疲れてしまいますよね。

そういうわけで、結婚後や出産後には、パート看護師となるケースが多いです。

ある程度の日数を働けば、パートでも一定の金額は稼げますからね。

パート看護師であれば、シフトの希望も通りやすく、土日を休んだり、残業をしないことも可能です。

最近は子育てに理解があり、働きやすい環境の整った病院や施設も増えています。

ただしそれは職場によっても異なるので、子供が生まれてから看護師のパートの仕事を探すの場合は注意が必要です。

事前に子育てに理解があるか、保育所などが整っているか、同じようなママさんナースが多い職場であるかどうか、などよく調べたほうが良いですね。

2015年9月18日|

残業なしの看護師求人がおすすめな理由

育児中の看護師にとって、残業のない求人はとても人気があります。


育児中の方だけでなくても、やはり残業がなく、休みの多い病院は人気がありますね。


求人誌などを見ると、残業なしや残業少なめなどの求人情報を見かけますが、実際に働いてみると条件が全く違ったというケースが良くあります。


私は以前、子供がまだ幼稚園なので残業なしの平日のみの仕事を探しました。


求人誌で見つけて、「残業なし 子育て中の看護師にお勧めです。」と紹介してありました。


でも、実際に働いてみると、看護師の人数が少なく、常に残業、公休でさえも取れない月もあり、年休なんて全く取れないまま流れていました。


家庭のある看護師も少なかったので、子育てに対する理解もなく、病棟の主任や師長も独身の方だったので、子供の急病などで休む時にも良い顔はされず、次第に働きにくい雰囲気になっていまいました。


やはり、このときの失敗が怖くて、その後は看護師求人サイトで病院の情報をしっかりと調べて貰ってから転職をしました。


残業の有無はもちろん、年休の消化率、人間関係や雰囲気、子育て看護師の有無など細かく調べてくれます。

各病院によって勤務の状況は様々なので、職場に当たり外れがあるのは良くあるそうです。


やはり、プロの方に依頼をするのが失敗のない転職をする秘訣だと思います。

2015年8月19日|

検診の仕事は本当におススメ(*^.^*)看護師健診派遣の口コミ体験談

職場によって業務内容が違うかもしれませんけど、常勤で働いていると本当に大変ですよね。

夜勤があって残業が多い勤務形態は、若い時だったらこなせるかもしれませんけど、
ある程度の年齢になると、体力の限界を感じてしまいますよね。

私は、身体がキツくなって体調不良を訴えるようになってしまったので、病院勤務を辞めて、
介護施設で働く事にしたんです。

介護施設は、夜勤がなくて残業もほとんどありません。

それに、派遣看護師としての勤務なので、自分のペースに合わせて働く事ができます。

病院で勤務している時に比べると給料は下がったんですが、精神的にも肉体的にも楽なので、
この職場に転職して良かったと思っていますね。(^0^)V

私は、時々祖父母の介護をサポートしている事もあって、高齢者と接するのは慣れていますし苦手ではありません。

でも、高齢者と接するのが苦手な方にとっては、どんなに仕事内容が楽でも、介護施設の仕事はお勧めできませんね。

高齢者は、耳が遠い方も多く、すぐに行動する事もできません。

それに、認知症の方も沢山いますから、そのような方の対応が苦ではない方でないと、とても勤まらないと思いますよね。

私は、介護施設に転職した事で、夜勤がなくなったので、身体の負担がかなり減って気持ちに余裕ができましたね。

だから、イライラする事もほとんどなくなったんですよ。

祖父母の介護の事も考えて、このまま介護系の看護師を続けていきたいと思っています。

老人介護や老人看護についてもっと勉強して、生活の中でもその知識を役立てたいと思っていますね。

この先、母に変わって、私が中心になって祖父母の介護をする事もあると思うんです。

その時に困らないように、高齢者に多い疾患やその症状など、知識を身につけたいですね。

2015年7月 8日|

パニック障害で悩んでいます。同僚や先輩の顔色ばかり気になって患者さんに優しく出来ない・・・。

看護師というのは、患者さんやそのご家族、それに、職場の人など、常に人と関わっていて、
人と関わる事が仕事でもあります。
私は、元々人と関わる事が苦手な性格でした。
こんな私が、看護師の仕事なんてできるのかな、と思っていたんですが、看護師になるのが夢だったので、
働き始めれば何とかなると思っていました。
しかし、だんだんと、職場の人間関係や、患者さんと関わる事にストレスを感じるようになってきました。

ある時から、過呼吸や頻脈を繰り返すようになりました。
最初にそのような症状が起きた時には、死んでしまうのかと思って、とても怖くなりました。
その時には、救急車で病院に行ったんですが、病院に着いた時には症状も落ち着いたんです。
念の為に検査をしたんですが、異常がないという事でした。
でも、その後も手の震えや動機など、ストレスを感じる度に起こり、心療内科を受診したんです。
そこで、パニック障害と診断されました。

かなり悩んだんですが、職場に知れたら困ると思い、何とか隠さなければいけないと思いました。
しかし、隠さなければと思う程、不安がどんどん大きくなって、常に人の顔色を伺いながら、
ビクビクして仕事をするようになってしまったんです。
家に帰ると、何度も過呼吸を起こすようになりました。
心療内科のドクターには、職場の上司に相談するように勧められたんですが、怖くて相談する事ができません。
患者さんとの会話も、不安が大きくなってまともにできないんです。
患者さんの訴えに優しく答える事もできない、そんな自分にイライラして、ますます自分を追い込んでしまっている感じです。

こんな状況では、いつか大きなミスを犯してしまいそうです。
やはり上司に相談するべきなんでしょうか?

2015年4月 8日|

福祉での看護師の役割

私は、看護師歴4年・保健師歴2年の33歳です。(現在、育児中で専業主婦してます)
もともと実家は三重県でしたが、結婚して大阪府に嫁ぎ、自分のお小遣いでも...と思い、
家から近いデイサービスでパートをすることにしました。
3日/週で時給は1400円でしたね。

気管切開をしている方が私の曜日には居て、気管切開をしているので吸痰や食事介助をさせて頂くのですが、
ある日、明らかにチアノーゼの状態でデイにその方がやってきました。
四肢のチアノーゼの他、微熱もあり、肺音は『ゴロゴロ』となっています。SPO2も70%の状態です。
酸素濃度を指示マックスで上げても上がってきません。吸痰をしてもとれません。意識はあります。
私は「この状態でしたら、今日は入浴は無理です。」と言うと。
年配介護士から「え?おうちの人はそれを一番の目的でデイに来てるのに!どう言う訳?!」と。
私が身体の状態が悪いことを再度説明し、一緒に来ていた家の人にも説明しました。しかし家の人が「構わないので(入浴)してください。」と言うのです。
介護士は私の静止も聞かず、清拭かシャワーだけでも...と浴室へ連れていきました。
流石に私も腹が立ち、デイの社長へすぐ報告。すると社長は「看護師がダメって言ってるんだから止めさせる!」とデイに来てくれました。
体調不良が目立つので、提携しているクリニックへの診察を促し、一緒に行ったところ。『肺炎』で緊急入院。
医師から「こんな状態でよくデイに連れて行こうと思ったね」とのこと。
その旨をデイへ帰った際、介護士・施設長に伝えると、「入れなくて良かったね~」と笑って終わり。

...社長に事の全てを話し、『この状態が続くなら、私は私の責任が取れないので辞めます』と伝えたところ。
社長から介護士に対して注意がいきました。

この一件で、改めて、観ている視点や優先度が違う他職種との連携の難しさを感じました。
それまでは、総合病院・個人クリニック...働く場所は違えど、『看護師』の中で仕事をしていたので、
なんでこの状態で、それが優先されるの??...と理解に苦しみます(--;)やっぱり命が1番大事なので。
丁度同じ時期に妊娠が分かり、悪阻もひどかったので退職させて頂きましたが、
福祉の中で看護師が働くのは難しいな...と懲りましたね。
時給やお給料の違いも大きいとは思うのですが...。仕事内容も資格も違いますし、その不満をぶつけられても困ります。
責任丸投げの介護士さんも困りますが、『貴方は看護師なの??』と自己判断で動く介護士はもっと性質が悪いです。
私がパートに行ったところは、本当に小さなデイなので介護士さんたちが強かったですが、
規模が大きく、看護師が2名以上在中してるなら、私ももう少し、余裕を持って対応できたかもしれないですね...。
...そもそも、『強い』『弱い』とか職場で要らないですし(--)本当福祉の世界は疲れました。

2015年3月13日|

訪問入浴の看護師は大変?給料はどう?

看護師としての働き方はたくさんありますが、その中でも訪問入浴の求人を見かける事もよくあるのではないでしょうか。訪問入浴は、日勤のみのお仕事としては時給も高く、単発としての勤務も月1回から可能という会社もたくさんあり、興味を持った人もたくさんいると思います。では実際、訪問入浴のお仕事とはどんなものでしょうか。
訪問入浴は、たいていの場合看護師1人と介護士やヘルパーなどの2人、合わせて3人で行う事が多くなります。看護師の仕事は利用者のカルテに沿って健康状態のチェックや入浴の可否の判断、また入浴前後の状態のチェックなどを行うことです。また、処置がある場合には行い全ての経過を記録に残す事が大まかな仕事となります。
病院勤務をしていた看護師にとっては単なる「入浴介助」と考えがちですが、訪問入浴は病院とは状況が全く異なります。移動中の車内で記録やカルテを確認をします。浴槽を部屋まで運び、利用者さんの家での入浴介助となります。病院とは違い狭い風呂場、介助用の物品も揃っていません。衣類の着脱や処置方法についても家族のやり方がありますので、それぞれの家族のやり方を尊重しなければいけません。仕事内容のギャップに、大変さを感じる事もあるかもしれません。
ですが、利用者さんやご家族が満足して下さる姿に達成感ややりがいを感じる看護師も少なくありません。単発勤務や副業としても勤務可能ですし時給も高めですので、割り切って働ける人には好条件と言える仕事でしょう。
もし勤務するならば、会社と業務内容についてしっかり確認しましょう。通常ですと1日6?7件で、8件というのはかなり体力的にも負担になる件数と言えるでしょう。また、洗体や処置時の感染症対策や残業代についても確認しておくと業務のイメージがわきやすいです。
会社によっても業務内容が異なってくる事もあるので、気になっている人はぜひ説明会などに参加してみることをおススメします。

2015年3月13日|

院内保育園の口コミ

私が勤務している病院の院内保育園は0歳児~3歳児を預かってくれて、夜勤のときなども預かってくれるがメリットですね。

一般の保育所に比べて夜勤をやってる看護師の子供も預かってくれているので、多少遅くなっても19時ぐらいまでは預かってくれてるので、みんなが迎えに来てくれるなか一人で寂しく迎えを待ってることがないように感じます。
一般の託児所であれば、夕方何時までに迎えに行かなければならないと思いますが、夜勤も預かってくれるのは病院保育の強みではないかと思っています。
といっても、月に何日かは土日でも開園していないときがあるのでその休園日に勤務がないようにしないといけませんが、比較的子供を持つ母親に対して預け易い体制だと思って利用しています。
反対にデメリットはなにかと考えたところ、夜勤明けの場合は15:30までに迎えに行かなければならない点でしょうか。
夜勤明けの勤務終了時間にもよりますが、遅く終わると自分自身の仮眠する時間が少なくなってしまい負担ですが、子供が長い時間親と離れて過ごさせてしまうことを考えれば仕方ないかなと思いますがね...。
ほかには一般の保育園と同じだと思いますが、子供が体調悪いときなどは働いている訳ですから、職場に直で電話がかかってきます。勤務の都合がつけば直ぐ迎えに行けますが、直ちに迎えに行けない状況では病児室のような場所で待機して迎えを待っています。多少の融通は効くような気はしますが、一般の保育園を利用したことがないのであくまで私個人の印象になっています。
また、病棟カンファレンスや勉強会がある場合は事前にその旨を伝えれば自分自身の勤務が休日の際には預かってもらえるので、働く親にとっては一般の保育園に比べたらフレキシブルに利用できてるのではないかと思います。

2015年3月13日|

看護師の主任と師長が全くスタッフの大変さを分かってくれない

"どこの職場にも必ずいるのではないかなと、看護師だからどうこうということはないかなと思います。
ただ、その苦手な人がどう苦手なのか。
そこが問題な気もします。

看護師の仕事は言ってしまえば、命に直接もしくは間接的に作用する仕事なので、自分自身の勉強不足で至らぬ点があってそれを一つずつ指摘されるから苦手なのか、単にお局様的な立場であれこれ詮索されるのが苦手なのかにもよります。

勉強不足であれこれ指摘されるのであれば、その一つ一つを指摘されたときは嫌だと思いますが、誰のために指摘しているのかと思うと患者が第一だから仕方ないと思います。
もしくは自分自身が至らぬ場合に重大な事故や問題に合わないように守ってくれてると思えばいいので、前者に対しては自分自身の努力が足りないからなので努力するほかないと思っています。
後者の場合は、その人のその日の気分一つで感情的に言っていることがあるので我慢するほかないような気もします。そういう人は心が寂しいんだなと思って相手にしないのが一番と思って接していますが・・・。
看護師の仕事は働く先が病院なのか診療所なのか老人ホームなどの施設なのか、訪問なのか、働き方はフルタイムなのかパートタイムなのか、働く領域であれば急性期、慢性期、回復期、終末期など様々で同じ場所で長く働き続けるのかそうでないのかによっても違ってくるので苦手な人と毎日顔を合わせることが一般の企業に比べると少ないのかなと思います。また、その気になれば職場を変えて違う環境で働くことも可能なため苦手な人と顔を合わせなくすることも可能です。しかしながら、どこの場所でも必ず一人はいると思っていたほうがいい気がします。前者の指摘をしてくれるから苦手であれば、積極的にこちらから質問するなどすれば自分自身の知識に厚みがでるので関わっていくべきだと思いますし、後者であれば周りもちゃんとみてるのでフォローしてくれると思います。
ただ一つ言えることは職場の陰で文句を言うことだけはやめておきましょう。"

2015年3月13日|

現役看護師による看護師寮の口コミ

病院によっては看護師寮なるものを設けているところもあります。

慣れない環境で一人暮らしをするなどするなら家賃の面では断然にお得だと思います。

働く地域にもよりますが、一人でアパートを借りるなら6~7万が相場な私の住んでいる地域では病院の寮であれば2万円程度で借りさえてもらえます。
設備も病院によっては看護師の求人を集めるために看護師寮の設備を充実させているところもあるぐらいで、オートロックだったり、モニターフォンだったりしますので、設備の面でも家賃相場からいっても同じ設備の付いた場所に住むなら圧倒的に看護師寮がオススメです。

まぁ住んでいる場所が病院寮なので住んでいる人はみな病院職員ですが、常識の範囲で生活する分には特に問題はないと思います。

なかには夜遅くまで騒いで五月蝿いという声も聞くことはありますが...。年に数回程度と思いますし、お互い様な感じではあるので普通のアパートに住むよりはご近所トラブルも少ないように思います。

就職や転職を気に新しくアパートを借りる・引っ越すなどしようと思っているならば看護師寮という選択肢もありだと思います。
就職する病院が現在住んでいるところから通えるなら引越し代などもかかるので初期投資でいくらかかるが、住むことでどれくらいの節約ができてくるか考えれば自ずと答えはでると重いすが、働く場所に空きがあるなら住まない手はないと思います。入職などすれば説明もあると思いますし、評判なども分かると思います。

また、看護師寮は病院から近い立地にあるため交通費もかからないため節約する気になれば一般のアパートを借りるより圧倒的に節約できると思います。
貯金などをするにもありだと思います
同じ寮に仲の良い同期などいれば一緒に食事をしたりすることもできますからね。

2015年3月13日|

子育てと看護師の仕事の両立が大変だと思う時

こればかりは、子育てを経験している方にしかわからないと思うんですよね。
子育てをしながら仕事をしている女性というのは、一見、無理していないように思うかもしれませんが、実は、すごく大変なんです。

それぞれ家庭によっていろいろな事情がありますよね。
私の子供は喘息があるので、風邪を引くと呼吸困難になる時が良くあるんです。
これまでにも、なんども救急病院にお世話になっている、といった感じです。
小さかった頃に比べると、症状は治まってきているんですけど、完治しているわけではないので安心していません。

そんな状況でも、私は、仕事は続けていたいので、夫や実家の両親、夫の両親に協力してもらって、
何とか仕事を続ける事ができています。
でも、長く働いていると、仕事への比重がどうしても高くなってしまうんですよね。
これは、ママさんナースの皆さんが思っている悩みのようですよ。

私が働いている職場は、子育てに理解があって、多くのママさんナースが働いているので、
すごく働きやすくてとても嬉しく思っているんです。

でも、ベテランになると、どうしても責任のある仕事を任されてしまうんですよね。
自分自身、ステップアップしたい気持ちもあるし、看護師の仕事にやり甲斐があるし、正直言うと、責任のある仕事を任されると、
認められた事になりますから、嬉しいんですよね。

でも、私には子育てがあります。
やっぱり、子供がある程度成長するまでは、子育てを中心にして働きたいと思っているので、躊躇してしまうんですよね。
これは、働く女性にとって、とても難しい問題だと思いますよ。

責任のある立場になる場合は、子育てが疎かにならないように、バランスを取って仕事をする事が大切ですよね。

2015年3月10日|


ショッピングカート サプリメントの選び方 教室・スクール・クラブ seoリンク おすすめオーディオ